夜を歩く人と睡眠の問題

イベント睡眠症とも呼ばれるナイトウォーカーという用語は、人々が眠っている間に経験する睡眠の問題を説明するために使用されます。 夜間の歩行は、一般的に、人が夜に起きて歩く、または歩き回る睡眠問題の一種です。 他の部屋、建物、または隣人を探索することもできます。 しばしばこの状態は散発的な症状を示します。 多くの人が眠りから目覚め、極端な行動をしたという事実を悟るまで、いかなる兆候や症状も経験しません。 過度の夢遊病は、頭痛、疲労、不規則な心拍数、怪我のリスクの増加などの一般的な健康問題につながる可能性があることに注意することが重要です。 夜の歩行の原因を理解するには、睡眠のさまざまな段階を理解することが重要です。 しきい値、ビーレム睡眠、レム睡眠など5段階の睡眠がある。 人間はこれらの段階のいずれの段階でも目覚めることができますが、深い睡眠段階に入ると、通常は周囲の環境を認識しません。 誰もが時々夢遊病を引き起こしますが、特定の個人はこの状態に対してより脆弱です。 睡眠症と呼ばれる状態にある人は、医師の薬物治療で助けることができます。 場合によっては、夜の歩行を治療するために特別な睡眠パターンが処方されます。 また、涼しく暗い環境で寝ることを避け、定期的な運動をし、ストレスを軽減するのに役立ちます。 いくつかのライフスタイルの変化は、ナイトウォーカーの睡眠問題を引き起こす原因を予防するのに役立ちますが、この状態の正式な治療方法がないため、空の健康専門家は時々薬を処方します。 精神科医や心理学者は、ストレスの多い状況や他の心理的要因によって睡眠の問題を経験している人にも役立ちます。 夜の歩行は深刻な睡眠問題であり、それを治療するには専門的な治療が必要です。 この状態は人々の日常活動に影響を与え、一般的な健康と福祉に影響を与える可能性があります。 科学者が治療法に近づくことで、睡眠不足の個人や夜を歩く人は中断された睡眠を楽しむことができます。