病気とパーキンソン病

パーキンソン病 (PD) は、振戦、運動の減少、こわばり、バランスの問題を特徴とする神経疾患です。 研究によると、睡眠に大きな影響を与えることが示されています。 この記事では、PD が睡眠に及ぼす影響と、PD 患者に利用できる治療法について説明します。

パーキンソン病の睡眠への影響

不眠症、睡眠中の反復運動、不眠症、日中不眠症、閉塞性睡眠時無呼吸症候群など、PD に関連する多くの睡眠障害があります。 これらの状態は、日常機能の低下、うつ病、不安、過敏症につながる可能性があります。 また、睡眠中に最初に停車することもあり、衰弱や疲労につながります。

パーキンソン病の治療

パーキンソン病の治療の目標は、病状と症状の両方を治療することです。 この病気の人に起こりうる深刻な睡眠の問題に対処するのに役立ついくつかの薬があります。 さらに、患者は、睡眠の問題を軽減できるさまざまなライフスタイルを使用することからも恩恵を受けることができます. これらの例は次のとおりです。

  • 定期的な運動 – エネルギーレベルを安定させ、概日リズムを活性化するのに役立ちます。
  • ストレス管理とリラクゼーションのエクササイズ – 不安や抑うつを軽減し、睡眠の質を改善するのに役立ちます。
  • 適切な睡眠管理 – 定期的な睡眠スケジュールや明確な回避などの対策を講じることを含む