体と脳を強化する睡眠とは?

十分な睡眠は、健康を維持し、生産的な日常生活を送るために、適切な栄養と同じくらい重要です。 睡眠は人体に活力を与え、将来の記憶を保持するのに役立ち、より洗練された思考のために認知活動を刺激します。 この記事では、《睡作》が睡眠中の体の適切な回復に関連する身体的および精神的幸福の利点をどのように提供するかを確認します.

癒しのプロセスとしての睡眠

睡眠は、免疫システムを強化し、ストレスレベルを軽減するために不可欠なメカニズムです。 ほとんどの人は、一晩に 7 ~ 8 時間の効果的な睡眠が必要であると耳にします。 特に高齢者や子供は、体が回復して再生できるようにするために、より長い睡眠サイクルを必要とします。 睡眠中、中枢神経系と内分泌系は、ナトリウム、塩化物、水の循環パターンによって活性化されます。 良い睡眠サイクルは、他の身体機能とともに細胞の修復を助けます。 非常に短い睡眠サイクルは、多くの場合、心と体の不健康な状態につながります. 体のすべてのプロセスで、脳から脳へと戻る活動が刺激されます。 これらの周波数には、アルファ波リズムまたは「シータ フロー」として知られる 1 ~ 40 Hz が含まれます。 ピン、音楽、または低周波の精神安定剤などの刺激は、ストレスを軽減し、脳の認知プロセスを活性化します。 一方、長時間の睡眠は精神構造に悪影響を与える可能性があります。 研究によると、長時間の睡眠 (10 時間以上) は認知的不快感につながることが証明されています。

脳機能と記憶保持を改善する

睡眠中に起こる脂肪と炭水化物の代謝は、神経可塑性(専門的)記憶(つまり、情報を保持、繰り返し、処理する能力)を促進します。 情報を内部で保持および保存するには、長期間にわたって注意と集中が必要です。 情報アルゴリズムと抽象的な概念に関連する反復的な脳活動は、知識ベースに非常に効果的です。 情報を正しく保つためには、休息と睡眠も経験しなければなりません。 夜間に完全な睡眠サイクルを経験できない場合、記憶障害や認知機能の低下を経験する可能性があります。

結論

この記事では、基本的な · 睡作 · (睡眠) が、人の身体的および精神的健康を維持および改善する上で重要な役割を果たしていることを確認しました。 この記事が、《睡作》のメリットについて理解を深める一助になれば幸いです。 睡眠不足が影響を受けていることに気付いた場合は、睡眠パターンを再考する時期かもしれません.