睡眠中の体温の変化は?

睡眠中の体温の変化は、睡眠の質と体の回復を改善します。 睡眠時の好画とは、夜間の体温の変動、または変動を指す用語です。 このプロセスは、さまざまな外的および内的要因によって引き起こされます。

内部要因

概日リズム、年齢、性別、標的ホルモンの設定など、体温の変化に影響を与えるいくつかの内的要因があります。 体内時計システムとしても知られる概日リズムは、正常な昼夜のリズムを教えてくれる調節メカニズムです。 したがって、体は温度をチェックし、それに応じて調整します。 年齢も体温調節に関与しています。 新しい研究によると、子供は大人に比べて寒くなり、熱損失の影響をより受けやすいことが示唆されています。 ホルモン機能も体温に影響を与えます。 人が眠っているとき、体はメラトニンという体温を下げるホルモンを生成します。

外部要因

体温の変化は、内的要因に加えて、環境の温度、衣服、寝具などの外的要因の影響も受けます。 環境条件が高いと、周囲の空気から人体に熱が伝達され、体温が上昇します。 湿度が高いと状況が悪化し、体が熱を放出しにくくなり、血液循環を制御するためにより多くのエネルギーが費やされます. 適切な衣服と寝具も体温調節に役立ちます。 快適に眠るには、体にフィットする断熱性の高いブランケットと、綿、麻、ウールなどの風通しの良い生地が最適です。

睡眠の変化の重要性

夜間の体温調節は、睡眠の質に重要な影響を与えます。 私たちの体が安定した低体温に達すると、睡眠を確立して維持するのに役立ちます. さらに、体温の変化は、身体的エネルギー、精神的な明晰さ、集中力、および健康の損失を回復するのにも役立ちます. 温度制限の強化は、疲労や見当識障害の防止にも役立ちます。 結論として、睡眠中の暖房の変化は、内的要因と外的要因の両方の影響を受けます。 これらは、概日リズム、年齢、性別、環境内のホルモン環境、衣類、寝具にまで及びます。 これらの要因が私たちの睡眠経験にどのように影響するかを理解し、必要に応じて身体的、心理的、または環境を変えることが重要です.