睡眠促進薬の概要

不眠症は、世界中の何百万人もの人々に影響を与える一般的な問題です。これに対抗するために、多くの人がヨガのテクニックや薬草療法などの自然療法に頼っていますが、睡眠薬も利用できます.睡眠サプリメントや睡眠促進薬は、ナルコレプシーや慢性不眠症などの深刻な睡眠障害を持つ人々がより安らかに眠るのを助けることができます.この記事では、さまざまな種類の睡眠促進薬と、それらが引き起こす可能性のある望ましくない副作用の概要を説明します.

睡眠薬の種類

ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系の 2 つの大きなカテゴリーに分類される、さまざまな種類の睡眠薬があります。ロラゼパム、ジアゼパム、トリアゾラムなどのベンゾジアゼピン系薬剤は、神経系の速度を上げて短時間の入眠を容易にします。ゾルピデム、ゾピクロン、エスゾピクロンなどの非ベンゾジアゼピン系薬剤も同様の効果がありますが、神経学的効果はわずかに少なくなります。

副作用

睡眠薬は、薬物兵器庫の中で最も強力な薬物の 1 つであり、重大な副作用があります。これらの副作用はさまざまですが、一般的に考えられる副作用には、極度の眠気、反応の鈍化、錯乱、認知障害などがあります。睡眠薬は、精神活性作用があるため、依存症と関連付けられることもよくあります。したがって、それらは医師と相談した後にのみ使用する必要があり、患者が薬に依存していると感じた場合は医師に通知する必要があります.潜在的な副作用にもかかわらず、睡眠薬は深刻な睡眠障害の治療に役立ちます.これらの状態のいずれかがあると思われる場合は、医師と治療の選択肢について話し合ってください。