ハンドスリープとは?

「手寝」とは、体を上に向けて寝ることを指します。 「エルゴノミクス」の考え方を応用し、深い眠りを実現するために広く使われている特殊な寝姿勢です。 一般的にハンドスリーピングとは、椅子やベッドに仰向けに寝たり、仰向けに枕を置いて寝ることを指します。 実は、椅子やベッドの上でもできますし、枕を使って行うこともできます。 この睡眠姿勢は、深いホルメティック睡眠を達成するためによく使用されます。 最適なクロスポジションで全身をほぐすので、血行促進や血行不良の予防にも効果的です。 また、体内のストレスを軽減し、循環を高め、睡眠時無呼吸を予防する効果があると言われています.

仰向けで寝るメリット

手動睡眠は、脊椎の健康と機能を改善し、体内のストレスを軽減し、可動性を高めることにより、背中の痛みなどの背中の痛みを軽減します. また、失神の症状を軽減し、睡眠時無呼吸を防ぎます。 定期的な睡眠の実践は、心臓の健康を改善し、質を改善し、血圧を上げ、血液循環を改善します。 また、マニュアルスリープを適用することで、治りが早い傷を早く治すことができます。 また、歯痛や頭痛などの痛みを軽減することもできます。 手動睡眠は脳の血流を活性化し、記憶力と集中力を高め、精神的負担を軽減します。

仰向け寝のデメリット

仰向け寝にもデメリットがあります。 最も重要なことは、安全性です。 一般的に、天井や壁などの高い位置からうつ伏せで寝ると、転んで事故の原因となります。 また、正しい状態を長く維持するためには、床材や寝具類を使用することも大切ですが、室内だけでは難しいかもしれません。 さらに、枕を使わないと首の側面が痛くなることがあります。 さらに、場合によっては、神経障害や高血圧の可能性など、この睡眠姿勢による副作用がいくつかあります.

結論

手で寝ることは、内部ストレスを軽減し、生産性を向上させるのに最適ですが、非常に危険な場合もあります. これを継続的に行う場合は、安全な場所で行うか、適切な枕を使用する必要があります。